足立区北千住 中村歯科医院 院長のブログ

院長のひとりごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯の圧下

北千住、中村歯科医院です。

歯の「悪化」ならぬ「圧下」は、インプラントアンカーという矯正治療の補助器具が出現することによって
可能になってきました。
圧下とは、骨から伸びだしてきてしまった歯を押し込めることをいいます。

歯は不思議なもので、
咬む相手がいないとその相手を求めて伸びだしてきてしまいます。
その伸びだした歯が、口の中のかみ合わせのバランスを崩し、悪さをすることもあります。
また、本来なら骨の中に隠れていないといけない部分が露出するので、
猛烈にしみるということも生じます。

この圧下が可能になったことで、
治療のバリエーションが増えました。
以前であれば、
歯を沢山削ったうえに、神経までとらなければいけないこともありました。

何人か矯正でお願いしているので、
非常に助かっています。

結果が楽しみです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。