fc2ブログ

足立区北千住 中村歯科医院 院長のブログ

院長のひとりごと

開業して10年が経過して

北千住、中村歯科医院です。

昨年、開業10年を迎えましたが、新たな局面に突入しました。
というのは、10年前に全体の治療をデザインしてメンテナンスに入っていた患者さんも10年歳をとっているわけです。
単純なことですが、そのことの重さに最近気づかされました。

通院できる場合は、たとえトラブルが起きても簡単に修理できたものが、
単独での通院が困難になった場合は周りの方のサポートが必要です。
簡単に聞こえることですが、サポートをする方の予定もあるので、単純な修理を行うこともなかなか大変ということになってしまいます。

さらに
10年前は元気におしゃべりしていたのに、最近来院した際にお会いして急激に体力がなくなってしまい、
年老いていく姿をみると、
一人の人間として切なくなります。
その方の元気なときの記憶がかなりインパクトが強いのでしょうか?

勤務していたころには味わえない、子供たちの成長ぶりを一緒に共感できる喜びとは裏腹に、
「年老いていく」ことも共有していかなければいけないこの現実は、
覚悟していたよりも重いものでした。

自分に何ができるのか。

とにかく、「咀嚼を守る」ことなのでしょう。
現段階の私の精一杯の解答です。

息が苦しくてしゃべれない患者さんでも、
少しでも口から食べられる楽しみを継続するお手伝いができたらと思います。


中学の時の方程式のテストで、
娘さんが○歳です。お母さんは◎歳です。
娘さんとお母さんの年齢の差が●歳です。
15年後、お母さんは何歳になりますか?
なんて問題がありました。
私は見事に×でした。
数学の先生に「母も歳をとります」と赤く大きな文字で書かれてしまいました。

そうなんですよね、私も患者さんも平等に歳をとるのですよね。
スポンサーサイト